RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
千葉、茨城で土壌から通常の400倍セシウム 三郷市は?


中日新聞にすごいニュースが。

「千葉、茨城で土壌から通常の400倍セシウム 筑波大調査」

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011061490091808.html

すごいです。関東近郊まで出てます!こういうのを待っていました。

新聞画像

記事によると、
> 原発から200キロ近く離れた茨城県や千葉県の一部の土壌から、
> 通常の400倍にあたる1平方メートルあたり約4万ベクレルの
> 放射性セシウム137が検出された。
> 健康に影響がないレベルだが、放射能汚染が広範な地域に
> 及んでいることが裏付けられた。
> 4万ベクレルは、国が定める「放射線管理区域」の基準と同程度。
> 筑波大の計算によると、コメの作付けが制限される濃度上限の
> 40分の1程度で、健康には影響がないという。

うーん、「放射線管理区域」と同程度の線量なのに、「健康に影響がない」って、

どういうことなのかよくわかりません。


そして・・ 我が三郷市周辺もなにやら、40000ベクレル程度の領域にかかっているような・・

https://picasaweb.google.com/lh/photo/h8gBYY9Ua8ItMIz9r_X5wA

こちらでも早速重ね合わせ地図が出ていますが、三郷市がどのくらいかわからない!

というわけで・・


三郷市に印をつけて重ねてみました!

霞ヶ浦と、千葉県の関宿辺りがほぼ合っている感じだと思うのですが、いかがでしょうか?

なんと・・北部は濃いグリーンのエリア、南部もブルーグリーンのエリアになっているようです。

これはやっぱり土壌を測らないとマズイのではないでしょうか・・?

三郷市 土壌汚染 重ね合わせ

author:NaOH, category:原発 放射性物質, 23:44
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:44
-, -
Comment









Trackback
url: http://chiekovsky.jugem.jp/trackback/488