RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
日めくりカレンダー
今日は日めくりカレンダーを作りました。

あの紙が薄くて、1年分とかあるやつですね。

作成するのは今日から12月12日まで。

50日分くらいを1日1枚めくっていくようなものです。

とりあえずExcelで、枠を作って、色を塗って、日付は計算で自動的に・・

みたいな感じで、バーっと作ってみたのですが、「あと何日か」という情報を出すには、

日にちの引き算が必要でした。

そこで、ネットで調べたところ、DAYS360という関数が使えそうだということがわかり、

テストしてみました。

=DAYS360("2009/10/10","2009/10/20",TRUE)

このように書いてみたところ、ちゃんと10日という答えが出てきました。

この関数を使ってコピペでカレンダーを作り続けていたところ、奇妙な現象に遭遇しました。

=DAYS360("2009/10/30","2009/12/12",TRUE)

=DAYS360("2009/10/31","2009/12/12",TRUE)

この2つの結果がどっちとも42となってしまうのです。

1日違うのに・・なぜ?

と思い、関数の説明をよく読んでみたところ、

1 年を 360 日 (30 日×12) として、支払いの計算などによく使用される 2 つの日付の間の日数を返します。経理システムで 1 年を 30 日×12 と仮定している場合、この関数は、支払いの計算などに役立ちます。

どうも経理などで使うもので、こういうところで使うべき関数ではなかったようです。

正しく日付の差分を出したいときには DATEDIF を使うとよいみたいです。

=DATEDIF("2009/10/30","2009/12/12","D")  ・・43

=DATEDIF("2009/10/31","2009/12/12","D")  ・・42

ちなみに、

Tips17: ねぇ、DAYS360でホントに良いの?  
http://www.h3.dion.ne.jp/~sakatsu/Excel_Tips17.htm

というページに、このDAYS360について、ものすごく細かく書いてありました!
author:NaOH, category:生活, 23:45
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:45
-, -
Comment









Trackback
url: http://chiekovsky.jugem.jp/trackback/464