RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ギターのメンテナンス
「ギターをきれいにしよう計画」の第2号です。

今回はウチで唯一のクラシックギター、桜井正毅 StandardModelをきれいにしました。
普段はハードケースに入っていて、弾く機会も・・最近はあまり・・という状態です。

先日引っ張り出してみたところ、指版上に手垢で模様ができていたりしていることを発見し、
こりゃなんとかしなければ。と思い立ったわけです。(弦もしばらく変えてないし・・)

まず弦を外します。弦はダヨンダヨンになるまで緩めてからニッパーでバチバチと切ります。
ナイロン弦の方はそのままゴミ箱へ。スチール弦の方はある程度まとめて不燃ごみに捨てるために廃棄弦用の缶に入れておきます。

↓こんなの。一度全部捨てたので、こんなに入っているわけではない。
20060817_225420.JPG

そのあとギター全体を専用のクロスで拭き、指版をレモンオイルで磨きます。

ホントはウェスの方がよいのかもしれませんが、
今回はティッシュにちょこっとレモンオイルを含ませて、ゴシゴシこすって磨きました。
フレットも磨くと、さびが少し取れます。
指版の端から端まで丁寧に磨いていくと、それだけで1時間くらいあっという間に
過ぎてしまいますね。

そのあと、錆びて茶色く変色していた12フレットより高い部分をピカールで
磨きあげました。
ピカールは指版に付着しないように、フレット金具の周囲を養生テープでしっかりカバーします。

その結果がこちら!

クラシックギター 桜井正毅

うーん・・事前の写真がないのでわからないです・・。すいません
見た目はかなりきれいになりました!

このギターについての由来などは・・こちらに書いてありますので、興味のある方は読んでみてください。
author:NaOH, category:ギター, 23:21
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:21
-, -
Comment









Trackback
url: http://chiekovsky.jugem.jp/trackback/443