RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
椅子の張替え
ずっとスタジオ部屋で使っていた椅子があるんですが、
相当おんぼろ状態で使っていました。
どのくらいおんぼろかというと・・

椅子の張替え - 作業前

・・こんなです冷や汗冷や汗

この椅子、丸井のIn the Room 池袋店(イマハモウナイ・・)で買ったもので、
もう10年くらいずっと気に入ってつかっているものです。

家具屋さんなどで張替えをしてもらうことも出来るのですが、
DIYの本を読んでいるとどうも自分でも出来そうだということがわかり、
先日布を買ってきて張替えをしてみました。

まずは現状確認です。
布がどういう風に縫い合わされているのかを確認します。

椅子の張替え - 現状確認

そして、この黄色い布を剥がしていきます。
椅子を逆さにしてみると、底の部分は全てタッカーで止められていました。

最初は一つ一つタッカーを取って行ったのですが、あまりにも時間がかかるので、
布だけ破って外して、後でタッカーだけ外す、というやり方にしました。

タッカーを外す時、マイナスの精密ドライバを埋まっているタッカーに当てて
ペンチで、ドライバの背を叩いて食い込ませて、
浮かせてペンチで剥ぎ取る、というやり方をしていたのですが、
かなり力も必要なので手も痛くなるし、
剥ぎ取る時に木の中にタッカーの破片が残るのでどうもよくないんです。

そこで、精密ドライバーだけを使って、ぐりぐりとてこの原理をつかって、
両側を順順に浮かせていって、そのまま取るところまでやるようにしたら、
かなりスムーズに取れるようになりました。
(それでも一部は木の中に残ってしまいましたが・・)

このタッカーを取るのが一苦労でしたね。

椅子の張替え - 剥がし作業

ようやく全部剥がして、スポンジと、くたびれた綿が顔をだしました。

椅子の張替え - 全部剥がした

とりあえず剥がした布と同じサイズで、新しい布を裁断して、

椅子の張替え - 布を合わせていく

形を合わせて縫っていきます。
(ミシン仕事は相棒がやってます・・)
椅子の背の部分、座面の手前部分なども、なかなかいい感じ。

椅子の張替え - 縫い物

そして、今までと同じように、布を合わせて、底面部分をタッカーで止めて・・


完成!!

椅子の張替え - 完成

今回は後ろに違う布でワンポイント入れてもらいました。

椅子の張替え - 後ろにワンポイント

Chiekovskyがレコーディングで使用しているRivertus Studioというロゴです。
(これってスタジオ部屋のことなんですけど(笑))

椅子の張替え - スタンプで作ったロゴ

とりあえず形になってよかった〜。
author:NaOH, category:日曜大工, 00:06
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:06
-, -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。