RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
とことんCDが入れられる棚
とことんCDが入れられる棚を作りました。

材料:
MDFボード 1820mm × 910mm × 18mm (2800円くらい)

これを
1800mm × 140mm × 18mm × 2枚(縦板)
630mm × 140mm × 18mm × 12枚(横板)
にカットしてもらいます(15回×50円 = 750円)

多分カット多すぎだな・・下手な人に当たったみたいだ・・。


CDの高さと棚板の厚さを勘案すると、16cmごとに棚板が来る感じなので、
16cmごとに縦板に線を引きます。
そして、その線を基準に棚板をネジ止めする穴の位置に印をつけます。
今回は両側から3cmの位置に2箇所にしました。

さらに棚板の両側にも縦板に合わせて3cmにネジ止めする穴の印をつけます。
印は、先の尖ったドライバなどで、軽く刺しておく感じです。

そして、縦板の48箇所+横板の48箇所にドリルで穴を開けます。
電動ドリルであれば、直接木ネジを入れることも出来ますが、
まず木が割れます。なので、先に穴を開けておきます。

愛用のドライバドリルはこれです。
RYOBI FDD-1000 ドライバドリル
RYOBIのサイト


ちなみにMDFボードはドリルが抜けたときに割れやすいので、端材を裏側に
重ねた状態で穴を開けるといいです。

横板に穴を開けるときには、ネジの長さを考慮に入れ、例えばネジが
40mm入るのであれば、35mmくらい穴を開けます。
40mm開けてしまうと、ちょっと締め付けが悪くなってしまいます。
35mmの穴を開けるにはドリルに先から35mmの位置にビニールテープなどを
巻き、そこまでしかドリルが入っていかないようにします。

穴開けが終わったら、あとはひたすら組み立てです。

630mm × 11段 = 6930mm
CDケースは10mm〜5mmまでいろいろあるので、
まぁ700枚〜900枚くらいのCDが収納できるはず。

ちなみに、作った時点でほぼ満杯なんですけど・・。

自作CD棚

上がズレてるように見えますが、実際にはズレてません。
隣の棚も同じ材で自作したもので、そちらは天板がなく、
奥行きがCD棚よりもあるためにこのように見えます。

自作CD棚2
縦板と横板の継ぎもなかなかキレイ・・かな?
author:NaOH, category:日曜大工, 00:25
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:25
-, -
Comment









Trackback
url: http://chiekovsky.jugem.jp/trackback/401