RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
PC復旧
起動しなくなっていたPCですが、友人のサポートで無事復活しました。
壊れたのは、Celeron1.1GHz でメモリも最大512Mってそろそろ引退時?なPC。

ウチのPCはパーツを組み合わせて作った(作ってもらった)自作PCなので、メーカーのサポートとかは受けられないんです。
自作PCはメーカーPCに比べて自由度が高いのはいいのですが、故障した際の対応が難しいですね。壊れているのがマザーボードなのか、CPUなのか、電源ユニットなのか、実際に動くものとそれぞれパーツを交換してみないことには原因の判別は難しいんです。
今回は自力で故障したPCの電源ユニットをちゃんと動くものと替えてはみたんですが、やっぱりブートせず、ウチにはそれ以外の予備パーツはなかったので、友人のサポートを仰ぎました。

深夜、友人宅を訪れました。
とりあえず電源ユニットが故障していることは間違いないので、友人が予備で持っていた電源ユニットで起動してみました。やっぱりブートせず。
マザーボードかCPU、若しくは両方が壊れてしまっている疑いが強くなりました。
この時点で「少し入院かなぁ」という話にもなりましたが、一旦マザーボードを取り外して、別な電源ユニットで起動してみたところ・・ すんなり起動。
もう一度はじめに試してみた電源ユニットで起動してみると・・ やっぱり起動せず。
はじめに試した電源ユニットはPentium4にも対応できる型で、2番目に試したのはちょっと古い型のでした。多分マザーボードとの相性の問題だろうということです。

マザーボードを元のケースに入れなおし、電源ユニットを2番目に試したものに交換して起動したところ・・ 上がる!

どうやら故障したのは電源ユニットだけだったようです。
結局1時間ほどで修理は終了し、現在も問題なく動いています。

その後の問題:
・PCが壊れてしまったことで配線をかなり変えてしまったので復旧が大変だった。
・配線を全部直した後に壊れたPCに以前施していたHDDの静音対策を忘れていることに気がつく・・起動すると結構ウルサイ。
(以前はHDDの取り付け金具と、本体の接する部分にスポンジを入れて共鳴を抑えていた)
・壊れなかった方のPC(結構速い)に慣れてしまい、動作がもっさりしているように感じる。
author:NaOH, category:コンピュータ, 12:46
comments(0), trackbacks(1)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:46
-, -
Comment









Trackback
url: http://chiekovsky.jugem.jp/trackback/320
自作PCの作り方
はじめまして、PCビルダーと申します 。 自作PCに挑戦してみたら、結構簡単に作れましたので、自作PCに関するブログを作りました、最近ハードディスクが壊れた際、自作PCで良かった事を記事にしてみました。 よかったら訪問してください。
自作PCの作り方, 2006/10/21 9:47 PM